よくある質問

よくある質問

自費出版について、著者の方々からよく聞かれるご質問をまとめてみました。ぜひ参考になさってください。

  • 出版の前に

    5件の質問があります

  • 制作について

    4件の質問があります

  • 流通について

    2件の質問があります

  • その他

    2件の質問があります

よくある質問【出版の前に】

出版を相談するとき何が必要ですか?

本を作るなら、まず出版社に相談するのが近道です。ですが、ただ「私の本を作りたいんです」というだけでは、雲をつかむような話になってしまいます。ですからどのような本を作りたいのか、事前にある程度イメージを固めておくことが必要です。おおよそ必要なことは以下の通りです。

  ●誰に読んでもらいたいか
  ●どんな内容の本なのか
  ●何のために作るのか
  ●いつまでに作りたいのか
  ●作った本をどうしたいか

他にもこまごました項目はありますが、最低限、これくらいのことがはっきりしていれば編集者との相談はできるでしょう。このほか、本作りに関してあなたがやりたいと思っていること……自作のイラストや写真を掲載したいとか、文章の手直しをしてもらいたいとか、そうした希望を挙げて頂ければ、より詳しい話ができるはずです。まずはこれらの事柄についてあなた自身の希望を明確にし、出版社に相談してみると良いでしょう。

もちろん、あなたの希望がすべて叶えられるとは限りません。技術的な問題やスケジュール、さらにはコストなどの面から、あなたの願いを実現できない場合もあるかもしれません。逆に、あなたが作ろうとしているものをより安価に、より高品質で仕上げる方法があるかもしれないのです。そうした「知恵」は、やはり出版の専門家に相談してみないと知ることはできません。

出版社の担当編集者は、本作りのプロフェッショナルです。信頼できる編集者ならば、あなたの希望を聞き、その上で最良の道筋を示してくれることでしょう。

気後れすることはありません。あなた自身が「どうしたいのか」をまとめたら、まずは出版社に相談してみることをおすすめします。

出版にはいくらぐらいかかるのでしょうか?

これは多くの方が気になさるところです。自費出版をお考えの方のほとんどは、限られた予算の中でより良いものを作りたいと考えているはずです。「いやいや、金に糸目はつけない。いくらかかっても良いから、とにかく思い通りのものを作ってもらいたい」という方はまずいないでしょう。もしもこんな方がいらっしゃるなら、ぜひお声がけいただきたいところですが……。

冗談はさておき、本作りの費用は誰しも気になるところです。まして本作りはオーダーメイドの作業です。やり方次第で安く済ますこともできますし、かけようと思えばいくらでもお金をかけられます。そのため「だいたい○○万円くらい」という、目安を提示することが難しいのです。  ですが方法はあります。あなたがイメージしている本の、見本を探してみるのです。

まずは近所の書店に出かけてみましょう。雑誌から新書、文庫本まで、さまざまな書籍が並んでいますね。その中から、あなたがイメージしているものに近い本を買い込んでみましょう。装丁のしかた、紙質、ページの組み方……。あなたが「こんな本を作りたい」と思っているイメージに近いものの、サンプルを探してみるのです。それを出版社の担当編集者に見せ、「こんな体裁にしたい」と相談すれば、話はとてもスムーズに進むことでしょう。発行部数の目安や流通形態も決めておけば、かなり詳細な見積額が出てくるはずです。

おおよその予算が決まっているなら、その中で何ができるかを相談することもできるでしょう。
「たとえば○○万円でどれほどのことができますか?」
 こんな言葉で、ざっくばらんに編集者に相談してみるのも良いでしょう。お金の話はとかくデリケートなものですが、避けて通るわけにもいきません。あとで後悔しないためにも、事前にしっかりと確認しておきたいところです。

ただし、本は多くの工程を経て作られますから、どこにお金がかかるかはケースバイケースです。使用する紙や装丁のしかたで費用は大きく変わりますし、書店流通させるにしても、その方法はさまざまです。ですから似たような本でもコストに大きな差が生まれることはよくあるのです。その点を踏まえたうえで、編集者にご相談されることをおすすめします。

どれくらいの時間が必要でしょうか?

本作りで最も時間がかかる部分というと、原稿作成と校正です。本文原稿の推敲や文字校正、表紙やカバーのデザインなど……。原稿作りとその手直しに一番時間をとられてしまうことになります。

原稿の手入れさえ済ませてしまえば、また校正のやりとりがスムーズに進めば、その他の作業は意外なほど早く済みます。原稿を本の体裁に組み上げる「組版」などは、文字主体の書籍でしたら1〜2週間ほどでできますし、印刷や製本もそれぞれ10日間ほど見ておけば充分でしょう。校正のためのやりとりを含めても、早ければ一ヶ月半もあれば、本は作れてしまいます。

もちろん、こうしたスケジュールはコストとも連動してきます。スケジュールを緩くするかわりにコストを抑える、というやり方もあります。ですから必ずしも「一ヶ月半で本は作れる!」というわけではありません。

ですがあなたが考えるほど、本作りは時間を要する作業ではありません。原稿さえ出来上がっていれば、かなりスピーディに作り上げることができます。

本作りに限らず、何事も早め早めに進行していければそれに越したことはありません。「記念日に間に合わせたい」「予定している会合の日までに発行したい」等の理由で書籍の発行期日が決まっているなら、まずは早急に出版社に相談してみてください。

まだ原稿が出来上がっていないのですが?

原稿はできていないけれど、出版のことは調べておきたい。こうした方も少なくないでしょう。こんな時には、まだ原稿製作中であることを断ったうえで、出版社に相談されることをお勧めします。

「まだ原稿もできていないのに、ちょっと気が引けるなぁ……」
 そんなふうに思うかもしれませんね。確かに編集者にしても、今すぐ仕事になるかどうか判らない相手に時間を割くのは難しいことでしょう。

ですが手紙やメールならば、手の空いたときに読むことができます。あなたの知りたいことを箇条書きにしておけば、回答もしやすいはず。これなら読む側の負担も少なくて済みますので、編集者としては大助かりでしょう。

出版社選びのポイントはありますか?

自費出版を扱う出版社は多数あります。近年では大手の出版社も参入してきたものですから、一般の方にはいっそう混乱を来している部分があるのではないでしょうか。これら多くの出版社の中から一社を選ぶというのは、なかなか難しい作業です。ですがそれを決めないことには、そこから先には進みません。

出版社を選ぶときには、コストや納期もさることながら、まず担当編集者と話をしてみることをお勧めします。担当編集者こそ、あなたの本作りを成功に導く、重要なパートナーだからです。

本作りとは、たとえばオーダーメイドのスーツを仕立てるようなものです。二つと同じ注文はありません。生地を選び、採寸をし、裁断した布地を縫い上げていく……。その基本的な流れは変わりませんが、細部の作り込みはそれぞれに大きく異なります。

余裕を持ったサイズに仕立て、ゆったりした着心地を求める方もあるでしょうし、体の線にピッタリと沿ったフィット感を求める方もあるでしょう。ボタンの数やポケットの位置などにも、その人なりの要求があるはずです。

こうした要求に応え、満足のいくものを作り上げるためには、豊富な経験と知識、それに技術が必要です。駆け出しの見習い職人には難しい注文でしょう。

本作りにおいても、そうした事情は同じです。満足のいく出版をするには、水先案内人である編集者の力量や人柄が大きく影響します。ですから、まずはいくつかの出版社をあたり、編集者と直接話をしてみることです。出版社の規模や知名度は、あまり関係がありません。あなたが最も信頼できる人物に仕事を任せるのが最も確実な方法です。

このページのトップへ戻る

  • HOME
  • けやき(欅)のこと
  • トピックス
  • 本ができるまで
  • よくある質問
  • 発行人の部屋
  • 著者コラム
  • 作品著作集
  • お問い合せ
  • 会社案内
  • リンク
  • 自費出版アドバイザー

お問い合せ・ご希望の方へ

本のつくり方のアドバイスが満載の小冊子を差し上げます。はじめての方にもやさしく、わかりやすく解説(写真・図入り)です。

あなたの本をつくりませんか あなたの自分史をつくりませんか